ボランティア

コスモスフェスタ・子ども広場

2011103009350000

天気予報は曇りだったけど、空は青くて高かった。
日差しが照りつけて、暑いくらいだった。
防寒対策に、Gパンの下に、スパッツを履いていったのに、
暑くて、大変でした(^。^;)


2011103009350001

さて、今年は育成会の役員なので
『子ども広場』のお手伝いが有りました。
朝7時半から、午後2時半まで。
も〜へとへと〜  (゚´Д`゚)゚
8時から9時までは、ダンボール迷路の製作。
大型冷蔵庫のダンボールを使って、作るんですよ。
地区の子ども会のお母さん方と、設計図無しで
その場のヒラメキで。

2011103008450000


私はクラフトコーナーの紙ヒコーキ係。
今日のために、数種類の紙ヒコーキをマスター。
最初、風が強くって、機体の短いタイプがよく飛んでました。
だんだん、風が落ち着いてきて、機体の長い“いかヒコーキ”
“ジェット”、“ヒコーキ2号”が良く飛びましたよ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

音訳でびゅー♥

7月の研修から、はや3ヶ月。いよいよ、利用者のみなさんに聴いていただく『図書ニュース』の録音を担当しました。

“図書ニュース”っていうのは、新しく録音されたデイジー図書(デジタル録音された音声の本)や、新刊図書のお薦めの本のご案内、市立図書館での予約件数ベストテンのお知らせなどを録音したもので、図書館から希望者に貸し出されるものです。

先週の火曜に原稿を受け取って、ほぼスケジュール通りに貸出の準備ができたようで、ホッとしました。
でも、はじめの音入れを校正していただいて、修正するときに、前の録音の声と同じ調子にするのはとても難しくてまだまだ、修練が必要だと実感した初仕事になりました。

図書ニュースにさきがけて、<対面朗読>(個人宅を訪問して、小説などを朗読する)は9月から月に2回行なっているのですが、録音とは違った難しさも楽しさもあり、共にやり甲斐があります。

対面朗読の利用者の方に、我こだま文庫制作のデイジー図書の精度の高さについて、『すごいわよ、読み間違い一つない。』と、絶賛の声を聞き、改めて気が引き締まる思いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音訳と、校正と

音訳は、書籍などを音声録音する事なんですが
録音する前に、綿密な下調べが必要です。

私はまだ、音訳ボランティアサークルに入ったばかりで
新人教育のトレーニングしかしたことありませんが、
それはそれは大変な作業です。

私は、PTAのグループで子ども達への読み聞かせも
しているのですが、音訳となると、読むもののジャンルが
多岐にわたるので、見た事も聞いた事もないような字や
言葉や人名、地名などがどんどん出てきます。

それに加えて、イントネーションやアクセントもありますから
書かれた物に忠実に読むことの、何と難しいことか。

意外と、思い込みというものもあったりするので
この言葉は○○と読むけど他にも読み方あるかな?
というような、「気付き」が重要なんです。

課題をもらったのは、市立図書館の録音室だったのですが
そのまま、二階の資料室へ直行して、2時間以上格闘(^▽^;)
しました。

ある歴史上の人物の名前の、読み方を調べるのに、いったい
どの文献をみたら出ているのかが、まずわからないんですから、
そりゃあ、時間がかかりますよね。

近年、調べモノはインターネットでする習慣がついていて
図書館での調べモノのやりかたを忘れてしまったんです。

久しぶりに、【勉強】した気分でした(^▽^;)
その日は、もう夕方にさしかかったので、図書館を後にして
夕食の支度など済ませてから、残りをインターネットで調べて
後日、録音に臨みました。

録音したモノを、校正担当の方が聞いて、修正箇所を指摘して
下さいます。

校正とは、原本と耳の両方で、読み方の間違いや、雑音なども
チェックする、言わば【最後の砦】なので、これまた重要なポジションです。

読み方などを個人の好みに合わないとか、自分の考えで
修正の指示を出すのは、校正者としては失格です。
公正〔公平で偏っていない事〕に、
校正〔文字や文章を調べ合わせ誤りを正すこと〕する必要があるのです。

このように、同音異義語は文字の説明を付ける事も
時には必要ですね。漢字は一文字で意味をなすので
便利な文字ですよね。

読むだけじゃないのが、音訳、という話しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の“おはなしやさん”7/7

今日は、T先輩とペアで1年生の3クラスを担当。

七夕のおはなしは、とてもたくさんのお話があり、
3クラスの子ども全員が見えるような大型絵本や
コントラストのはっきりした挿絵の本が見つからなかったので
T先輩の再話による原稿を元に、『語り』のかたちで行いました。


もうひとつは“詩の朗読”
今回は1年生なので、楽しいモノをというT先輩の提案で
谷川俊太郎さんの『わるくち』を、ふたりで掛け合いで読みましたよ

冒頭から子ども達のハートをわしづかみだったらしく
これは予想以上の好反応で、大盛り上がり

『もう一回、読んでー!』の嵐
プリントを用意して、一人ずつ配っておいたので
半分に分かれて【ぼく】チーム・【あいつ】チームで
掛け合い、やってみました。

もう、すっごい楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の“おはなしやさん”

2011012320080000

今年度もスタートしました。読み聞かせの会。

今日の“おはなしやさん”は、2ねん2くみのよい子のところへ(*^▽^*)
時間まで、教室の外で今日の絵本を開いていたら

『あっ!おはなしやさんだっ!何読んでるの?』
と、4~5人に囲まれてしまいました。
うふふ、かわいい。

今日は、アンデルセン絵話のなかからふたつ。
<のろまのハンス>と<オーレおじさん>


今日も雨模様で寒い1日になりそうですが、心がほんわかしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

一夜明けて。

疲れが出たっていうか、気が抜けたっていうか。

昨日、息子2がなんとか高校を卒業しました。
入学以来、(それどころか中3の時から)カオス状態で
母はいっつも、気を揉んできたのです。

3学期のはじめ、取得単位と定期考査の結果如何では
追認を受けねばならないと、幾度となく担任との面談を
したのでした。最後の定期考査、赤点なしで、単位取れる
点数を取って卒業資格を得たのでした。

卒業式には、前校長・前学年主任も来賓として出席頂き、
『nekoさん、よかったねぇ、卒業おめでとう!』
と声を掛けて下さいました。
学年団(担任・副担任)も、息子2を教科で受け持って下さって
いた先生方とも、卒業式後の【祝う会】【二次会】で、お話し
させていただきました。

途中はどうあれ、卒業できたのは奴の力だ、と。
今日は褒めてやってください、とも。

こんなに、たくさんの先生方から気にかけていただいた
息子は幸せ者です。本人は、まだ、気付いていないかもしれませんが。

この1週間というもの、卒業式で祝辞を述べさせていただく
準備と、卒業祝う会の準備で、忙しくしていました。
奉書に祝辞をしたため、心身ともに疲れて、書き上げてからは
紙を見ないで言う為に、暇さえあれば、ことばを、まるで
牛のように反芻していました。

来賓の方々、先生方、保護者の方、卒業生からも
心に残る祝辞だったと、言っていただきました。
がんばった甲斐がありました(*^▽^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

年度末だねぇ

昨日クッキー焼きました。
息子2の卒業式の後に、PTA主催の
『卒業を祝う会』が催されます。
そのとき、お世話になった先生方へ
花束を差し上げているのですが、今回は
花束は担任・副担のみで、他の先生方は
ちょっとした手土産を差し上げる事になりました。

そこで企画会議でプレゼンされたのは
クッキーの小袋だったのですが、小さいくせに
いいお値段するんですよ。
そこで、私が作る事になり、その試作というわけです。

普通のクッキー201005131215000でもよかったんだけど、どうせならチャレンジと思って
【メッセージクッキー】にしてみました。
今日午後から会議なので、皆さんに、意見を聞いてきます。
2011022622370000

夜は、子ども会育成会の総会に出席。
事前に、役員の打診があり受けているんだけど
以前に同じパターンで引き受けた時、総会は所用があって
欠席したら、見事“育成会長”のポジションに据えられていたので
今回は絶対出席しないと、です。
新年度、高校の【後援会長】就任予定なので、いろいろ安請け合い
しないことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはなしやさん

火うちばこ (世界名作おはなし絵本)


買ったきっかけ:
子どもの頃に読んだおはなし。大めだまの犬の挿絵が印象的で、ずっと覚えていました。

感想:
挿絵の犬が、インパクト大(o^-')b


火うちばこ (世界名作おはなし絵本)


著者:舟崎 克彦




火うちばこ (世界名作おはなし絵本)

先日思い出の1冊である、アンデルセンの絵話
という本を入手したのでその中に入っている
<ひうちばこ>のおはなしを読みました。

持ち時間が限られているので、昨夜、タイムを
計ろうと試し読みをしていたんす。
敷布団に正座して、肩に毛布を被ってやや前かがみになり、
最初は普通の声で読んでいたのですが、隣ではムスメがすでに
眠っているので、途中から声を落として読みました。

そしたら、時間計りながら読む予定が、なんと途中で眠ってしまい。。。
どれくらいの時間なのか、ほんの一瞬かわかりませんが
完全に止まってしまったので、こりゃいかん、と思いまして
すぐに、本格的に寝ました。

この姿勢で、眠っちゃった自分にびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のおはなしやさん(o^∇^o)ノ


ちいさいおうち (岩波の子どもの本)


買ったきっかけ:
子どもの頃、読んで、印象に残っているお話だったのですが、なぜかその後で再開することがなかったのです。ふと、思い立って購入してみました。

感想:
小さいおうちの周りがどんどん、大きな建物に囲まれて、季節もわからなくなって・・・
60年近く前に出版されたお話ですが、今に当てはめられる内容です。

おすすめポイント:
子どもの頃読んだ絵本は、ディズニーのアニメ版だったようですが、それは見つかりませんでした。でも、読むうち、幼い頃の思い出も蘇ります。


ちいさいおうち (岩波の子どもの本)


著者:バージニア・リー・バートン




ちいさいおうち (岩波の子どもの本)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の締めくくりに。

200912310857000 neko家が住む町には
町内会で安全パトロール隊があります。

夏休みには一緒にパトロールもしました。

普段は土・日の夜8時に、

『戸締り用心、火の用心』と、拍子木を打ち鳴らし
巡回してくださっています。

我が家にさしかかるころ、毎回、子どもたちが
『いつも、ごくろうさまでーす』と、声を掛けさせていただいていました。
すると、赤いライトをぐるぐるまわして、応えて下さって。

今年のラスト巡回は昨日の晩だったのですが、いつものように
拍子木と、『戸締り用心、火の用心』の声が聞こえてきたので
キッチンの窓を開けると、たくさんのパトロール隊員の
おじさま方が、口ぐちに、『ありがとう!がんばるよ!』と。

そして、お土産をご持参下さったのです。

200912310856000

メッセージカード付きですよ。
とっても嬉しい出来事でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)